スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パッチメンテ中なんで少しリアの話でも・・・

今回はめいぽのパッチメンテが入ってるのでその間の更新です(´・ω・`)

今回はめいぽの方で報告する事は殆ど無いので今回はスルーって事で(汗)


今回はプライベートで使ってるマウンテンルックの自転車でも紹介しようかと・・・

愛車
これが自分の愛車のパナソニック製、ギャロウェイDです。
フレームを一部組み替えているのでメインフレームしか原型は有りません・・・

ハンドル周り
こっちはハンドル周り。
キャットアイ製のライトとシマノデュアルコントロールレバー(グレードはDEORE LX)で比較的スッキリ仕上がってると思います(個人的にね)
*デュアルコントロールレバーの説明*
ブレーキレバーとシフトレバーをブレーキレバーと一体化させ、同時に操作出来るようにした物です。ロードでは今でも主流ですね。
マウンテンでは1個前のラピッドファイヤのモデルの方が人気の為、継続販売や新型も出てますがマウンテン用デュアルコントロールレバーはもう新型は出てません…

リヤサスペンション周り
これはリヤサスペンション。
サブタンクが性能の良さを感じさせますよね。w
実際ショックアブソーバとしての機能が無いサスペンションと比べると動きが丸解りですよ。
バネだけだと跳ねまくって落ち着かないんですが、ダンパーが機能する=余分な動きを抑制できるので大分動きが落ち着きます。

フロントディスクブレーキ周り
こちらはフロントだけども油圧ディスクブレーキです。操作感覚としてはバイクのディスクブレーキと変わらないですねw
ブレーキキャリパーはシマノDEORE LXを前後に採用してます。
ディスクローターは203?とマウンテンバイクだと最大径になるサイズを採用、街中では要らないとされるサイズですが、ガッツリと利くブレーキは大事です。

KENDA KOZIK LITE?
ここからは サイクルベースあさひ 様の画像をお借りして紹介等したいと思います。
このKENDA KOZIK LITE?は今現在自分の自転車にも採用している街中及び里山向けタイヤなのですが、結構ガッツリと食い付きますよ、うん。
舗装路メインで有れば十分です。
それから、多少道が荒れててもブロックタイヤ特有のグリップ力が多少の凹凸ならいなしてくれますね。初心者さんにはお勧め。

SHIMANO SAINT(セイント)BR-M810
SHIMANO SLX BR-M665
上2つはブレーキキャリパーなんですが、セイントはダウンヒル及びフリーライド、SLXはオールマウンテン用なのですが・・・街中でセイントは要らないだろ!なんてブーイングが聞こえそう・・・w
でも個人的にはフロントの利きがもっと欲しいので、シマノのパーツで一番制動力が強いSAINT810キャリパーを将来的につけてやりたいな・・・とは思ってます。
それからSLXなんですが、LXと基本は同じ。山向けか町向けかのコンポーネントの差なので、ブレーキ部分は同じなんですよ。品番違ってもね。
じゃあ何でSLXを選ぶの?と聞かれると思うんですが、単純に色合いをセイントに合わせたいだけなんですww
なんで性能差が無いので後ろはLXだろうがSLXだろうが構わないんですよねww

もっとも、セイントをマウンテンルックに装着する場合フレーム(特にネック部分)に負担がかかるのでその辺も自己負担で。


そろそろネタも尽き始めたので今回は以上w マタネー♪((ヾ(。・д・。)フリフリ

テーマ : .....φ(。・ω・。)
ジャンル : その他

プロフィール

タクマ@雪色

Author:タクマ@雪色
雪色の貴公子

ぽぷらサーバーに生息。

筆者の分身でありめいぽのメインキャラでもある。('w' )

地上の戦闘機ギルマス、ギルド連合Toy Box連合長も兼ねてます・w・

タクマ

筆者の名前('A


↓はめいぽ公式のブログパーツです(´・ω・`)


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。